仮面ライダーW(ダブル) Blu-ray(ブルーレイ) 1 2 3

W・テレビ
10 /07 2015
仮面ライダーW(ダブル) Blu-rayBOX 1


仮面ライダーW(ダブル) Blu-rayBOX 2[Blu-ray]


仮面ライダーW(ダブル) Blu-rayBOX 3


「平成ライダー10周年プロジェクト」の第3弾。
2人が同時に変身ベルトを装着し、一人の仮面ライダーに変身するシリーズ初となる「2人で1人の仮面ライダー」
主役は、探偵の左翔太郎と謎の少年フィリップ。
「風都」の街でおこる怪事件・怪人ドーパンと戦う。

次回作予告の「二人で一人の仮面ライダー」を見た時から、これは面白そう!!という期待通り、1話目から面白くて、すぐに続きが見たくなる展開でした。
ハーフボイルドの探偵と謎の少年が相棒という仮面ライダーは、事件の真相を知る推理物の楽しみと登場人物の家族の想い、隠された謎の物語としても楽しめました。

三条陸さんの脚本が細かい部分までしっかりしていて、登場人物が風都の街で本当に生活してきた歴史が見えるので、台詞に体温が感じられます。

翔太郎とフィリップ、翔太郎と照井、もちろん、亜樹子ちゃんも主人公だけではなく、園崎家の人々も魅力的なドラマです。
(翔太郎と霧彦さんの風都を愛する者、二人のシーンもすごく好き)
財団Xのチェックもお忘れなく。

そして、忘れてはいけないのがWとアクセルの全体的なフォルム、変身シーン、アクションシーンが、かっこいい!!
これは、当たり前だけど、仮面ライダーとしては、すっごく大事だと思います。

あと、個人的には、主題歌も好きでした。
元々、TAKUYAさんの作る曲(J・A・M、ROBOTS)が好きなので、主題歌を知った時には、大興奮でした。

Wは、最終回まで見て、全部を知った上で、もう一度見返すと、新たな発見があるので、懐かしいと思った方もぜひおすすめします。
(女性目線で言うと、後半の亜樹子ちゃんの変化を見ていると、その後のストーリーが楽しめると思うので注目してみて下さい。)

映画も含めて最後まで飽きることがなく、終わって欲しくないと感じる作品でした。
続編、スピンオフなど、いつまでも待ってます。

アマゾンビデオ
第1話「Wの検索/探偵は二人で一人」

モバイルの方はこちら。
仮面ライダーW(ダブル) Blu-rayBOX 1
仮面ライダーW(ダブル) Blu-rayBOX 2[Blu-ray]
仮面ライダーW(ダブル) Blu-rayBOX 3<完>


スポンサーサイト